読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もずWrite

アラサーで始める備忘録

友達の良し悪し

春ですね。

一年生ですね。

ともだち100人できるかな?

 

友達って何だ?

調べると、

「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。」

だそうだ。

 

ふーん。

じゃあ休みの予定を合わせてどこかにいく場合、こちらが相手の都合に合わせてばかりいるとしたらそもそも対等じゃないよね?

それって友達じゃないんじゃない?

 

かくいう俺は土日が休みの人向けの仕事をしているので、月曜日と他の曜日が休みだ。

だから他人との休みが合わない。

 

そんな中で旅行をしようという計画をすると、決まって俺が土日の休みに合わせて休みを取る形になる。

 

そりゃ、テメェらは土日が休みだから良いだろうよw

けど、俺は土日が仕事だっつーのw

 

というわけで、こちらの休みを配慮しない奴ってのは友達じゃないよ。

 

もちろん最近のことになるが、コイツとはFO。

こちらから連絡をする事は二度とない。

 

変わって年に何度でもないが、予定を合わせて近況報告会という名の飲み会をする高校の友人たち。

この人たちは予定を合わせて、こちらの勤務形態に理解を示して約束をドタキャンすることのないいたって普通の良識のある人間だ。

 

後者の人間は就職を機に上京して離れてはいるが、心の距離は近い間柄。

前者は地元同士であるが、心は離れていて二度と縮まらない間柄。

 

どちらが友達と呼べるかは明白であるが、

シンプルな話、自分を大切にしてくれない奴なんて縁を断てってこと。

 

その方がお互い傷つけることも、傷つけられることもない。

そりゃ同じ年に生まれて、同じ箱(教室)に押し込まれた手前仲良くなることがあったかもしれないが、永遠不滅というわけではない。

 

彼氏彼女ができて別れる事があるように、人間には出会いと別れが当然の事。

別れはマイナスでなく、むしろプラスであると知っていれば腐れ縁で悩むことは無い。

 

あぁ、コイツと一緒に居ても楽しくないな・得をしないな…

そう思ったら縁を切ることに躊躇しない。

 

「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。」

 

そう思える人間と長く付き合いたいものだ。