読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もずWrite

アラサーで始める備忘録

この世に生を受けたからには

何か人の為、世の為になるようなことを成したいと思う。

そうでなければ生を受けたのに「もったいない」

 

それが結婚して子供ができて、立派に独り立ちさせて…ということ。

あらゆる人を幸福にする何かを開発した、発明したこと。

そのどちらも尊いことだ。

 

しかし、俺は今特別気にかけなければならない嫁と子供は居ない。

少子高齢化が社会問題の日本においては結婚していない加担者の側である。

ならば人・世の為に何か貢献することで存在意義を示すしかない。

 

今の仕事を考えると、決して万人の為の仕事ではない。

一部の生涯学習に興味が会って訪れる人。

小中学生が地域学習の為に学校の授業の一環で連れて来られる場合にのみ、その存在意義があり、多くの人を相手にする仕事ではない。

 

どうせやるならデッカイことをしよう。

 

これに尽きると思う。

NOと言えない日本人ではないのではっきり言う。

今の仕事は限られた人だけを相手にする、郷土愛がなければやっていけない仕事だ。

それに従事し続けられるほど郷土愛は持ち合わせていない。

どちらかといえばお金の為に仕事をするスタンスなので、楽しめないのはダメ。

ならば、楽しくて万人に貢献できる仕事をすれば良いじゃん。

すると、大成するかしないかはさておき、ロボット工学を大学で学んだ身としてはこれを研究開発していくことに人生の時間を費やしたいと思うのだ。

そうなると世の中の為というのは表向きで、自分が楽しめる人生にしたいということが主軸となる。

もちろんタダで研究開発はできないので金を得るために策を弄さなければならない。

けど、そちらの方がよっぽども嫌々仕事するより健全かつ意味があるという考えだ。

 

先人が残した文化を継承して語り継ぐことも素晴らしいことだ。

それを否定しない。

やりたいかどうかと問われたら「やりたくない」だけのこと。

 

もっと研究してガ○ダムみたいなのをつくったり、ア○ムつくったり、T-80○つくったり…新しいことを手がけたい。すべては自分が楽しいと思えることのために。