読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もずWrite

アラサーで始める備忘録

出稼ぎ税を提案する

東京23区などの人口が多い都市圏においては仕事も数多あるものと考えるが、

人口の流出が止まらない田舎は仕事が全然無い。

 

その少ない仕事を街をまたいで通勤して従事している人らが居る。

ただでさえ少ない椅子を取り合っているのだから地元の人間は職にあぶれて他所へ出稼ぎに行かなければならない。

すると、通勤に片道1時間以上要するためマイカーは必須となる。

公共交通網が都会に比べて衰退かお陀仏状態なので1人につき1台車が要るのだから田舎のディーラーは儲かってしょうがない。

そして通勤時間帯は我先に出社せん、帰宅せんと速度超過は当たり前。長距離を運転すればそれだけ排ガスも出る。

これで良いのだろうか?

街は住民の職場を他所の街から来る人間においそれと提供して良いのだろうか?

よほど優秀な人間ならさておき、街に会社にとって必要な人材なんていくらでも居るだろうに。

それなら無駄に通勤手当を支給せず、近場に住まう地元民を雇おう。

労働者にとっても17時過ぎにあがって帰宅が18時前後と、早く帰り早く休めるではないか。疲れた体で更に帰宅するために疲労を招く運転をして帰る。なんと愚かなことか?

会社のある街に住民票がない従業員からは、その距離に応じて逆に地元民から職を奪っているという名目で出稼ぎ税を徴収すべき。

その基準としては出稼ぎしてもらってでも欲しい人材か否かという点で判断する。

別にどこにでも居る普通の人を雇えばいいのなら、わざわざ課税されてまで働きに来るドMは居るまい。

なんてことを帰宅中に追い越し車線と走行車線を駆使してジグザグに運転しているナンバーの車を見て思う。

そんなに必死に急いで帰るより、近場に仕事を求めれば良いのに…と。

あ、ヤバイ人だから地元からあぶれて出稼ぎに来ているのね。

そういうことですか…。

仮にそうだとしても○○ナンバーの車が地元の道を荒らしているわ。

 

こちとら住民流出が止まらぬ人口○万そこそこの市だけども、お前ら人口10倍以上ある大都市だろ?そこに就職して職を、椅子を取らないでくれたまえ。

 

出稼ぎ税が導入されたら○○ナンバーが減るのかな?

それとも産業が衰退して皆でお陀仏かな?

思いつきなのであまりマジレスはいらんけども…