もずWrite

アラサーで始める備忘録

日本円が目減りするということは感付いて然るべき

財布の中の1万円が本当に1万円の価値を持っているのだろうか?

税金や物価が上がっているのに給与がそのまま。

つまり、1万円が9千円くらいの価値に下がっているのでは?

そう疑わずにはいられない。

 

事実消費税だけで話をすれば、

消費税が導入される前は1万円=1万円だった。

それが5%では1万500円と、500円余計に払う。

それは1万円が9500円になったということ。

今は8%なので9200円だ。

このまま増税を許せば8000円くらいにまで価値が下がる。

 

そう。

箪笥貯金でも銀行預金でも構わないが、預けているうちに

どんどんと1万円の価値は下がり続けている。

1万円に対して800円ではダメージが伝わりにくい?

なら1億円が8000万円に、

ロト6で4億円当選しても実は3億2000万円と言われたら?

 

このまま1万円(お金)の価値が下がることを見過ごせば、

欲しいサービスに余計に支払わなければならない。

その分必死に働かなければならない。

ということは労働時間がもっと必要になる。

案外定年が65歳までと延びたのはそういうことか?

 

日本円に依存しないという選択肢を本気で考えるときか?

といってもビットコインの波には乗り遅れたさ・・・